投稿

2フォロワー フォローする
0
Avatar

終業時刻の切り捨てについて

10時から19時が所定時間の会社です。22時までの残業は30分まるめで認めますが、22時以降の残業は認めないという設定にしたい場合は、どのように集計ルールを変更すればよいでしょうか

中山

正式なコメント

Avatar

回答が遅くなり申し訳ございません。

集計ルールの設定は以下の通りです。

【管理>メニュー>メンバー種別・集計ルール>(該当の種別)>集計ルール】

①所定時間を定めます。
(集計ルール)
【所定>所定勤務の指定方法】
 ⇒時間帯
 ⇒始業時刻:10:00 終業時刻:19:00

②残業を認める時間帯を、夜19:00-22:00に指定します。
(集計ルール)
【残業>残業の定義】
 ⇒所定に関わらず、特定時間帯の勤務
 ⇒時間帯1:19:00 -22:00

③②の残業時間帯で発生した残業時間を30分まるめに設定します。
(集計項目)
【時間数>残業】
 ⇒利用する
 ⇒【詳細設定>日次まるめ】
 まるめ単位:30分
 まるめ方法:任意の方法

④深夜(22:00-翌5:00)の時間数の表示をする/しないか設定します。
(集計項目)
【時間数>深夜】
 ⇒利用しない/利用する
※利用するにしても深夜の時間数が表示されるのみで、総時間には含まれません


※設定上の注意点

遅刻が発生している場合であっても
19:00以降の勤務は残業に自動判定されます。

例)遅刻して13:00~20:00で勤務した場合でも
  19:00~20:00が残業扱い

上記のような特殊なケースについて、
調整が必要な場合は別途編集画面より直接データの編集を
行っていただくようよろしくお願いいたします。


ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

公式サポートスタッフ(松本 彩)
コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。

1件のコメント