投稿

2フォロワー フォローする
0
Avatar

2段階の残業時間表示について

所定労働時間7時間15分です。

7時間15分から8時間までの45分を残業A,8時間を超える勤務時間を残業B

として集計したいです。

2段階の残業時間を表示することは可能でしょうか?

一志

正式なコメント

Avatar

申し訳ありませんが、タブレット タイムレコーダーでは、
2段階の残業時間表示には対応していません。

タブレット タイムレコーダーで残業時間数を残業A、Bに分けて集計する場合、
 ・7時間15分以上の勤務を「残業」に自動集計
 ・追加項目を表示し、45分以内の残業を手動で記録し、残業Aとして利用
 ・自動集計された「残業」を編集し、残業Bとして利用
という方法が考えられます。
具体的には、以下のように設定します。

◆ 追加の集計項目を表示する方法
1. 「管理 > メニュー > メンバー種別・集計ルール」を開く
2. 残業時間数を2種類集計するメンバー種別を選ぶ
3. 「集計ルール > 詳細設定 > 追加項目」を開く
4. 「追加項目1」の「利用する」のスイッチをオンにする
5. 「名称」に「残業A」を指定する
6.「入力タイプ」に「時間数(支給対象)」を選択する
残業Aを給与ソフト向けに出力する場合は、
「詳細設定」から「給与ソフト向けに出力する」のスイッチをオンにして下さい。
以上の設定は、メンバー種別ごとに必要になります。
メンバー種別が複数ある場合は、お手数ですが、
各々のメンバー種別に対して設定をお願いします。

◆ 上記で追加した所定内残業に時間数を記録する方法
1. 「管理 > メンバー別(または日別)」を開く
2. 残業Aを記録するメンバー(または日付)を選ぶ
3. 対象の日付(またはメンバー)の「残業A」の編集欄にタッチし、
  45分以内の残業時間数を登録する

◆ 自動集計された「残業」を残業Bとして利用する方法
1. 「管理 > メンバー別(または日別)」を開く
2. 残業Bを記録するメンバー(または日付)を選ぶ
3. 対象の日付(またはメンバー)の「残業」の編集欄にタッチし、
  45分引いた値に編集する

なお、Excel等を用いて素データを加工する方法もあります。
その場合は、
上記の方法で、7時間15分以上の勤務を「残業」として計上し、
「管理 > メニュー > データ出力」から素データを出力します。
出力された素データの残業時間数のうち、
45分以内の勤務を残業A、45分を超える勤務を残業B
として集計します。

公式サポートスタッフ
コメントアクション Permalink

ログインしてコメントを残してください。

1件のコメント