投稿

2フォロワー フォローする
0
Avatar

総労働日数

人事労務freeeにインポートしたのですが、総労働日数が取り込めていないので通勤費は算出できないと言われました。どのように設定すればよいでしょうか?

ozaki

正式なコメント

Avatar

給与ソフト向けデータのCSVファイルにデータが出力されていない場合、
出力項目設定が正しくされていない可能性があります。

管理 > メンバー種別・集計ルール > 共通 > 給与ソフト向けデータ
  > 出力項目設定
から、出力項目が正しく設定されているか、ご確認いただけますでしょうか。

出力項目設定の変更を行っていない場合、
CSVファイルの「総労働日数」には、
何も出力されない設定となっています。

CSVファイルの「総労働日数」に出勤日数を出力したい場合は、
出力項目設定の「総労働日数」の各メンバー種別に
指定されている「(指定なし)」をタッチし、
『出勤日数』を選択してください。

また、「総労働日数」に、出勤日数と休出日数の合計を出力したい場合は、
下記手順で出力できるようになります。

(1) 管理 > メンバー種別・集計ルール > (対象のメンバー種別) >
  集計ルール > 日数・回数 > 詳細設定 > 出勤日数2
  の順にタッチし、「利用する」をONにします。

(2) 続けて、出勤日数2の 詳細設定 > 休出・休暇の取り扱い
  の順にタッチし、
  「休出日数を含む」をオンにすると、
  『出勤日数2』に休出日数が計上されるようになります。
   
  また、「有給日数を含む」をオンにすると、
  『出勤日数2』に有給日数が計上されるようになります。
 
  特休日数についても同様な手順で計上することができます。

(3)前のページまで戻り、集計ルールを保存した上で、
  出力項目設定画面を開き直します。

(4)該当メンバー種別の「総労働日数」をタッチして、
  『出勤日数2』を選択し、保存をタッチします。

設定を終えた後、データ出力にて、
給与ソフト向けデータを出力していただき、
設定された内容が正しいかご確認ください。

その他にも取り込めない項目がある場合は、
同様に出力項目設定をご確認いただけますでしょうか。

公式サポートスタッフ
コメントアクション Permalink

ログインしてコメントを残してください。

1件のコメント